マンチ

とても食欲が涌いてくること。 本来は「駄菓子」的な意味。「 ハーブ」のマンチは、本物のドラッグ類と比べれば弱いようです。

多幸感

「ハーブなどに多幸感はない」が通説 です。ただ、稀に多幸感が感じられるハーブもあるようです。

幻覚

「ハーブ」を使用しても、幻覚が起こることは殆ど無いと考えられています。
耐性が無い状態や、効き目かなりが良い場合、少数ですが体験談などが書き込まれています。
他に「視覚にくる」という表現がありますが、これは見慣れたいつもの風景がより魅力的に映ると感じられた時などに使われています。

ブレンド 同義語:カクる

何種類かのハーブを使用者が混ぜて使用することで、個人的なお気に入りが作成できます。
販売されているハーブそのものもブレンドされていますが、この場合は使用者が製品と製品を混ぜ、ブレンドすることを言います。
ブレンド例:カクレポ

OD(オーバードース)

過剰摂取(Over Dose)のことを略し、ODと言われます。
本来医薬品は摂取量・処方量が決まっていますが、それを超えた量を摂取することをODと言います。
「ハーブ」の場合、元来人体への適切な処方量は決まっておらず、殆どは各自に合った量を調整していると考えられます。
煩雑に登場する用語ですが、「ハーブ」についてはODの基準など、無いとも言えます。

バッド

バッドトリップを略してをBAD(バッド) と言います。この状態になると悪夢と鬱を混ぜたように感じると言われています。
乗り物酔のような気持ち悪さや、頭痛などはBAD(バッド)には含めません。
また、セッティングによってBAD(バッド) は、ある程度は回避が可能だと考えられています。
一般にBAD(バッド)はそう頻繁に起こらず、経験を積むことで比較的簡単に克服することも可能だと言われます。
経験の浅い初心者などが、小さな不安を増大させてパニックになることがあるようです。

アッパー

あがる。「ハーブ」は広義で、ダウナー系に属しているが「ハーブ」の中でアッパー系の要素が比較的強いものをアッパー系ということもあります。
今知られている代表的なアッパー系ハーブは「ウィズ ハイパーミックス」などです。